FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「他人の不幸は蜜の味」の心理

心理カウンセラー 衛藤信之先生のコラムより

人生に疲れやすかったり、人間関係に挫折しやすい人は、人と戦っています。
この世界は「勝つ」か「負ける」かの二つだけの世界に限定してしまいます。
人生はいつも戦いだと思っています。
勝ち負けの人は、人の幸せが喜べない。
誰かの幸せは、自分の敗北になるように思っています。
だから、いつも意味のない戦いを戦っています。

自分の「成功」ばかり気にしている人は、虚栄心が強く、他人の失敗を喜びに感じてしまいます。
人の幸せよりも「相手が不幸になることだけ」をひたすら祈るようになる。
これでは、勝つか、負けるかの人生でしかなく、生きることを味わいつくすことなど不可能というものです。

誰かの何げない成功話に不機嫌になります。
誰かが事業がうまく行っている話を聞くと、面白くなくなります。
誰かが恋人と別れたと聞くとワクワクして、その人に電話をしたくなります。
それは、無意識に不幸を確認したいのです。

人の悪口を言っている人の顔はステキではない。
人を妬んでいる人の顔も輝いていない。
自分に自信がない人は、人を認めない。
自信がないから引き下げたくなります。
無意識に、相手の輝いている部分に囚われてイライラして引き下げたくなるのです。
これを引き下げの心理と言います。
嫉妬深い人、妬む人は、自信のない証拠なのです。
一見、自信があるから批評しているように見えますが、実は自信がないのです。
弱い犬ほど、よく吠えるからです。

大学でも自分に自信がない先生は、自分以外のゼミを取ることをキライます。
そして、他のゼミを引き下げます。
心理学を指導している教授の中にもいました・・・残念なことに。

自信のある人は、人をほめます。
自信があるから、他人のいい部分をほめてもイライラしない。
金持ちケンカせずといいますが、心のリッチは、人を認める余裕があります。

だから、いつも人のいいところに意識を向かう集団や自分でありたいですね。
あなたはいつも人をほめていますか?批評していますか?




 


スポンサーサイト

砂糖断ちの方法

砂糖断ちの方法についてご質問を頂戴しました。

『海外在住なのですが、先日不安の治療をしている先のセラピストからsugar addictionの治療をしようと言われ、やっと5日間白糖抜きの生活を終えたところです。天然の甘み(果物、メープルシロップ、はちみつ)については制限なしと言われているのですが、砂糖をとれない分、果物を食べそれら過ぎてしまっている気がします。どのようなルールを元に砂糖断ちを始められたか、どのくらいで甘みを欲しなくなったか教えていただけませんか?』

ご質問ありがとうございました。
sugar addiction=砂糖依存症 という訳で宜しいでしょうか?
まず海外にこのような言葉があることに私自身驚きました!
(どちらの国なのでしょうか?興味があります…)
このセラピストの方は砂糖が不安をもたらすことをご存じなのですね。
これも日本ではありえないアドバイスで、とても進んでいる国だと思います。
日本では不安神経症といえば心の問題とされ、物の考え方を変えることや薬で治そうとするのが一般的だからです。

砂糖が不安をもたらすのは、私の経験から言うと確かです。
私は今は体調もよく、甘いお菓子は時々食べる程度ですが、この間マカダミアチョコを1箱食べてしまったんですね。
そうしたら翌日なんとも気だるいような不安な体感に襲われ、改めて砂糖の恐ろしさを痛感したところです。

私が砂糖断ちを始めたのは、パニック障害が酷くなり、砂糖の摂りすぎが原因だと勘付いたからなので、「この辛い症状が治るなら!」というすがる思いにより難なく続けられました。
むしろ砂糖を摂ったら症状が悪化するという恐怖の方が強かったので。

ルールとしては甘いお菓子・飲料を断絶しました。
料理に入ってる少しの砂糖は気にしないでいいと思います。
果物も全く制限はしていません。

ただ、数日や数週間ではなく、数か月単位で続けないと、中々体質は変化しないと思います。
習慣になってしまえば、甘いものなんて食べなくても全然平気になります。
私は2・3ヶ月で全く食べたいと思わなくなりましたね。
世の中には他にも美味しい食べ物がたくさんありますから、そちらに目を向けられると良いと思います。
継続できるよう、がんばってください!


FC2プロフ

カテゴリ

リンク

検索フォーム

FC2カウンター

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
海外情報
1182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
北アメリカ
174位
アクセスランキングを見る>>

最新記事

最新コメント

広告

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。